北九州市
閉じる
Q:お問い合わせ内容
ICバスカード(ひまわりバスカード)について知りたい。(カードの種類と金額について)

A:回答
 市営バスでは平成13年9月から、従来の紙による回数券や定期券等に替えて、ICバスカードを導入しました。
 ICバスカードは、「積み増し(回数券)」や「継続(定期券)」することで、繰り返し何度でも使用できます。

<回数乗車券>
・発売額・積み増し額(券面額)
  1,000円(1,100円)
  2,000円(2,200円)
  3,000円(3,360円)
  4,000円(4,480円)
  5,000円(5,750円)
  6,000円(6,900円)
  7,000円(8,050円)
  8,000円(9,200円)
  9,000円(10,350円)
 10,000円(11,500円)
※回数乗車券には、最大25,000円(券面額)まで積み増しができます。
※発売は、交通局案内所・営業所及びバス車内で行っています。
 なお、バス車内は、次の券種の発売・積み増しができます。
 1,000円券、2,000円券、3,000円券(千円札のみ対応)
 5,000円券(五千円札のご利用をお願いします)
 10,000円券(一万円札のご利用をお願いします)

<一日乗車券>
・発売額(1日分積み増し額)
 大人券700円(700円)
 小児券350円(350円)
※発売は交通局案内所・営業所及びバス車内で行っています。
※バス車内の新規発売は大人券のみです。
※バス車内での購入は千円札及び硬貨のみの対応となります。

<定期券>
・発券種類
 一般用:通勤・持参人・片道・指定地域フリー・全線
 学生用:通学・学期
※発売は、交通局案内所及び営業所で行っています。
※定期券には、回数乗車券の機能を付加することができます。

<ふれあい定期券>(発売券種は1種類のみです)
※発売は、交通局案内所及び営業所で行っています。
※定期券には、回数乗車券の機能を付加することができます。

・デポジット制度(預かり金)について
 ICバスカードを新規購入の際には、デポジット(預かり金)500円が必要となります。
 ICバスカードが不要になりましたら、カード返却時にデポジット500円を返金します。

乗車券の案内

関連するFAQ
ICバスカード(ひまわりバスカード)について知りたい。(カードの利用方法について)
ICバスカード(ひまわりバスカード)について知りたい。(カードの故障や紛失について)
市営バスの運賃について知りたい。(回数券の購入について)
市営バスの乗車券(回数券、定期券、福祉優待乗車証など)の購入場所について
若戸大橋・若戸トンネルの回数券はどこで販売していますか。料金改定前に購入した回数券は利用できますか。

・この情報は役に立ちましたか?(FAQ充実のためにご協力下さい。)

大変役に立った
参考になった
あまり参考にならなかった
役に立たなかった
その他
評価にたいするその理由を教えて下さい。

閉じる