北九州市
閉じる
Q:お問い合わせ内容
国保:医療費を全額支払ったときの払い戻し給付について知りたい

A:回答

次のようなときは、治療などに要した費用の全額を一度支払ってから各区役所の【国保年金課】の窓口で申請してください。
保険適用に換算した国保負担相当額を「療養費」として払い戻します。
 (原則、世帯主の口座へ振り込みとなります。)

■診療費:急病や旅行中のケガなど、保険証を持たないで病院にかかったとき
<申請に必要なもの>
病院の診療明細書、領収書(原本)、保険証、預金通帳(世帯主)、印鑑(世帯主)

■補装具:コルセットなどの治療用装具をつくったとき
<申請に必要なもの>
医証、治療用装具の見積書・請求書・領収書(原本)、靴型装具については、実際に装着する現物であることが確認できる写真、保険証、預金通帳(世帯主)、印鑑(世帯主)

■生血代:輸血を受けたとき(生血)
<申請に必要なもの>
医師の輸血証明書、領収書(原本)、保険証、預金通帳(世帯主)、印鑑(世帯主)

■施術:医師が必要と認めた、はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けたとき
※単に疲労回復や慰安を目的とした場合などは支給の対象にはなりません。
※ただし、受領委任で施術を受けた場合は自己負担割合での支払となるため、支給の対象にはなりません。

<申請に必要なもの>
施術明細書、医師の同意書、保険証、預金通帳(世帯主)、印鑑(世帯主)

■海外療養費:海外渡航中に急病やケガの治療を受けたとき
※治療を目的として渡航した場合や海外での食事代、日本で保険適用されていない治療を受けた場合は支給の対象になりません。

<申請に必要なもの>
診療内容明細書FormA、領収明細書FormB、診療内容補足説明書(いずれも日本語翻訳文の添付が必要)、海外で支払った治療費の領収書原本、パスポート、調査に関わる同意書、保険証、預金通帳(世帯主)、個人番号(マイナンバー)の記載された書類、印鑑(世帯主)
※民間の傷害保険等から保険金が出た場合について、日本国内で療養の給付を受けかつその民間の傷害保険等から保険金が出た場合と同様、その民間の保険と国民健康保険の給付との間で併給調整は行っていません。

<お問い合わせ先>
【各区役所国保年金課】
門司区役所国保年金課   (п@093−331−1832)
小倉北区役所国保年金課  (п@093−582−3400)
小倉南区役所国保年金課  (п@093−951−4119)
若松区役所国保年金課   (п@093−761−5951)
八幡東区役所国保年金課  (п@093−671−2859)
八幡西区役所国保年金課  (п@093−642−1332)
戸畑区役所国保年金課   (п@093−881−2391)

  全額自己負担したとき


関連するFAQ
国保:保険証による医療費の自己負担割合について知りたい
障害者が自立支援給付制度で在宅介護サービスを利用した際の利用者負担額は、医療費控除の対象になりますか
国保:高額療養費の計算方法(70歳以上75歳未満)について知りたい
国保:高額療養費の計算方法(70歳未満)について知りたい
国保:70歳から74歳の医療について(高齢受給者証)

・この情報は役に立ちましたか?(FAQ充実のためにご協力下さい。)

大変役に立った
参考になった
あまり参考にならなかった
役に立たなかった
その他
評価にたいするその理由を教えて下さい。

閉じる